2013年07月03日

よろこびの元。ご喜元って、どういうこと??

ikiteiru.jpg




昨日、紹介したアンソニー・ロビンスはとても貧乏な時代があったそう。
お金にもちろん困っていたし。
それは本で読んだことがあった。
昨日の動画では、そんなことあり得ないと思うほど
パワフルで成功者のオーラだった。

そんな事をFBのメッセージでやりとりしていたら
彼を尊敬してやまない方が

「落ちるところまで落ちてそこから這い上がる」というような事を
どこかで決めていたのかもしれないね
そういう波動を出していたのならそれは。。。

うーーーんとうなってしまった。

昨日、歩いていて気づいたことがあった。

私は、仕事を辞めて自宅にいるようになってから1年が経過する。
その間、経済問題では、やられっぱなしだ(笑)
通帳を見ることがこわい、請求書がくることが怖い
それを見つめ続けた1年間。
今でも、どきりとする。
それは、見ていく。。
でもね、っていうマインドがいます。
それも眺めます。
でもね、それをしてても生活は一向によくならない(笑)
でもね、しあわせで、ご喜元なのはありがたい。
これホント。不思議なんだけど。

履歴書を送っても通らない。在宅の仕事はありがたくいただいている。
が、生活は安定していない。

そんな現実の中、お散歩に行っていたとき、思ったんだ。
体育系だった私。わざわざ、困難を作って、それを超えて
あ〜、やった!!!乗り越えた!!って思いたい
それが根っこにあるって。

えーーーーーーーーーーーーーー??!!
いらないよ、そんなの。

息をきらして、限界の手前まで走って。。。
そんな事に時間を費やしていた若いころ。
そこでも頑張って、けがをしても頑張って。

そんなことがしみついているのか。。。

もういいです。十分ですね。
という、ことも言いたくて、こんな状況をつくっていたのか?

お金がないっていうのはね、本当はね、こういうことなんだよって
言いたいのか?? 誰かに??

心の奥の奥の奥では、そんな事を考えていたんだろうか。
だとしたら、それをしていたんだとしたら、
それを、出してもいいじゃないかって思った、逆に(笑)
そ、どん底まで行きましたけど、這い上がっているところです!!って(笑)

お金があるフリや、経済的に安定しているフリなんてしない。
そこを正直に出していくことで、何かが生まれるかも?
だって、ここから抜け出て、世の中により貢献できる人生にしたいんだから。

気づきカフェの根底にあるものも、これがあったから生まれたかも。。

勤めていたとき、自律神経が乱れて、大変な思いをしていた。
それをやっとのことで、時間をかけて戻してきた1年間。

その間にやったこと、
体を見つめる事、
体のサインを見つめる事。
感情を見つめること、
感覚に気付くこと。
それをやり続けている。
講座に行くお金も降ってきたというミラクルもあった。

すると、自分の奥の奥の奥に、静かでいつでも穏やかなしーんとしたところ
そこを改めて実感した。
これは共鳴しているときにも、その前からも知っている感覚だった。

そこに触れていると、穏やかなんだ、
これって、ご喜元なんではないかって気付いた。
誰にでもある、喜びの泉。

それは、飛んで跳ねてスキップするような喜びのときもあるけれど
ただただ静かにたたずんで、静かに微笑みを浮かべるような
本当にここちのよいエネルギーがわき出てくる泉。
そんなところにたどり着いたよ、
そこを知ってほしいと思った。誰にもある。その泉、空間・
それが気付きカフェ。

そして、こうして正直に書いてみようと思ったのは
彼のたった10分の動画だとしたら、ちょっとできすぎではないだろうか。

でも、本当にきっかけになっている。

何ということなんだろうか。


気づきカフェの記事はこちら
http://gokoo-0.seesaa.net/article/367825533.html
気づきカフェ あじわうきづく個人セッションやっています♪

アンソニーの無料動画を見るにはこちら。
いわゆるメール講座なので、これからいろんなメールがくる可能性があります。
気になる方は、フリーメールなどのアドレスで登録することをおすすめします。
そういうのはどうしても嫌いっていう方。私も昨日までそうでした(笑)が
それは仕方ありません。
あなたのどこかの人生で、あなたにあったきっかけが待っていますね♪
アンソニー・ロビンス日本初の公開講座!! 
期間限定で無料公開中!⇒ http://9oo.jp/hioI59













posted by 悟空 at 10:46| Comment(0) | 空への目覚め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。